子育てしながら、働きながらキャリアコンサルタントを目指す子育てママ・働き女子を応援します! 国家資格キャリアコンサルタント試験の対策・勉強術・自身のキャリア形成についてお伝えしています。

人生初のキャリアカウンセリングを受けてきました

こんにちは。住谷美奈です。

コロナウィルスの影響で、在宅勤務や
自宅待機になっている方々も多いのでは
ないでしょうか。

キャリアコンサルタントの本試験も
状況次第で、実施の延期等も考えられる
この状況下で、モチベーションを保ちながら
試験勉強を続けるのは、本当に大変なことだと
思います。

2020年4月9日追記:第15回国家資格キャリア
コンサルタント試験は、2020年6月から
2020年11月に実施が延期になりました。

詳しくは、

JCDA → こちらを確認下さい

キャリアコンサルティング協議会
→ こちらを確認下さい

 

そんな、試験勉強の合間に、
今日は、私の人生初のキャリアカウンセリング
体験談をお話ししようと思います。

 

仕事柄、多くの従業員や後輩・友人に
相談を受けることはあっても、自分自身が
お金を出して、カウンセリングを受けたのは
初めてのことでした。

 

ちょうど今から1年前。
キャリアコンサルタントの資格を取得しよう!
と勉強を始めて、1か月たった頃の話です。

当時、書いていたブログに、その時の
カウンセリング体験談が残っていましたので、
今日はその記事を紹介しようと思います。

 

以下、ブログの引用です
=====================
(2019年3月29日のブログです)

 

寒い季節が終わり、春ですね。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

一昨日、人生初のカウンセリングを受けに、
半年振りに東京へ行って来ました。

新しくなった赤いレンガが美しい東京駅

今後のキャリア・人生相談がテーマの
キャリアカウンセリングです。

カウンセラーは、キャリアコンサルタントの
工藤倫子さんです。

 

毎日欠かさずブログを読ませていただき、
昨年の辛い時期もこのブログが支えに
なりました。

自分がキャリアコンサルタントの資格を
目指そうと本気で思えたのも、
工藤倫子さんとの出会いが影響したことは
確かです。

 

そんな、憧れであり、雲の上のような存在で
あるお方とのカウンセリングを今日はご報告
させていただきたいと思います。

 

カウンセリングの場所は、

「都内のホテルラウンジ」

という私のリクエストに答えて、

シャングリ・ラホテル東京、
28階のラウンジです。

 

 

 

東京駅のすぐ近く、一歩、足を踏み入れた時
から、インセンスのエキゾチックな香りと、
あちこちに飾られているアジアテイストの
絵やオブジェ、当たり前のように行き来する
外国人客とスタッフの様子に、

一気に非日常の空間へと飛びました・・・。

入口のロビーに飾られていた桜の花
注文したスムージー

 

そして、1時間半のカウンセリングタイム。

 

私の相談内容は、

 

 キャリアコンサルタントを目指して、
11月に資格試験を受けるべく、勉強を始めた
ところであること。

 中・長期的には、倫子さんのように
フリーランスでキャリア教育、女性支援、
学校や企業でのキャリア研修をやって
みたいし、個人カウンセリングや
オリジナルセミナーもやってみたい。

 でも、資格取得してから、どの方向に
動き出していったらいいのかわからない
のでアドバイスが欲しい

 

というような漠然としたものでした。

 

ちなみに、事前に準備したものは全く
ありませんでした。

事前のチェックシートとか、質問票とかは
なく、場所と時間を決めるメールを何度か
やり取りしただけで、当日を迎えました。

 

とにかく、カウンセリングというものを
初めて受けるので、何の準備もなくて
本当に大丈夫なのだろうか??と
ずいぶん、不安と期待とで一杯でした。

 

さっそく、自己紹介を済ませると、
本題へ。

 

私の過去の職歴、
興味を持ってやってきたこと、
社会人学生時代の勉強内容、
海外(バングラデシュ)での経験、
現在の仕事や家庭状況、
悩みや懸案事項

等々、色々な質問に一つ一つ答えていきます。

 

あー、ちょっと一方的にしゃべり過ぎたかな、
もっと倫子さんのアドバイスを聞きたいのになー

 

と思っていたところで、
倫子さんのスイッチが変わりました。そして、

ズバッ、ズバッと、短いながらも
倫子さんの鋭いお言葉がやって来ました。

 

なぜ、親に頼るのが申し訳ないって思うんですか?

ベンガル語が役に立たないって思うのはなぜ?

私を含めて、今のキャリコンを目指さないで欲しい

そもそも人事のキャリアって活かせるの?

今やキャリコンなんて吐いて捨てるほどいる

他の人もできるようなキャリコンの仕事を
やったって面白くない

こうあらねばならない、そんなの無理だ、
私なんてというような日本人感覚は捨てた方がいい

子どもなんてあと数年で嫌でも離れていく

 

 

これらの言葉を通して倫子さんが私に
伝えていたのは、

 

親が頼れるなら頼ればいい。自分だって人が
困っている時には頼ってほしいって思いませんか?

ベンガル語という大きな強みがあるのに、
活かせない訳がない

人を真似するのではなく、もっと自分の可能性を
広げてほしい。皆ができない、自分にしか
できないことを大切にしてほしい

あらゆる事柄に、逆逆を見る視点を持ってほしい

〇〇である。でも本当にそうなの??という、
一般概念・常識を疑ってみる視点

他の人が持っていない、自分ならではの経験や
知識を元に、肉付けしていく方がはるかに
やりがいのあるキャリアとつながる

アンテナをはって行けば必ず、情報や人との
出会いやアイディアが引っかかる

 

このようなことだったと私は理解しました。

 

私自身に関しては、

 

バングラデシュ

海外経験

ベンガル語力

 

あたりが、私自身の強みでありオリジナルに
なり得る要素となりそうです。

 

そして、これらのキーワードを元に、
倫子さんよりいくつかのアイディアを
いただきました。

 

バングラデシュと日本を行き来しながら、
バングラデシュ人のキャリア教育に関わる

 

といったイメージです。

 

具体的には色々な方法論があると思いますし、
あくまでも一つの例ではありますが、
私一人では、この発想はできませんでした。

 

今回、人生初めてのカウンセリングを
受けてみて一番実感したことは、

 

カウンセリングって、いかにその人に
気づきときっかけを与えられるかが重要なんだな

 

ということでした。

 

今回の私に関しては、一番の気づきは

 

「私は私である」

 

という感覚を取り戻せたことかもしれません。

 

思い返せば、やりたいこと・なりたい自分に
向かって走り続けていた20代、30代の頃は、
他の人を羨んだり、誰かに必要以上に憧れたり
することはほとんどありませんでした。

 

なぜなら、常に向き合う相手が自分自身だったので。

 

それが、いつしか、現状の自分に満足できず、

成功している人、
優雅に暮らしている人、
やりたいことを実現できている人、
自分にないものを持っている人・・・

他人が良く見えて、自分自身を卑下してしまう

 

という悪循環に陥っていたんだなーと。

 

そしてもう一つ気づいたこと。それは、

 

キャリアコンサルタントの資格取得は
あくまでも通過点にしか過ぎないこと。

資格を取ったから、キャリコンの仕事を
していくべきだという思い込みは捨てて、

その学びは自分の知識として大切にしつつ、
キャリコンにこだわらず、もっと自分の
興味と強みと経験に焦点を当てて自分の
将来を考えていこう

 

ということでした。

 

人間は、「気づき」という意識の変化が
起きると今まで見えなかった世界が見えて
きて、アンテナが立ち、勝手に自走モードに
スイッチを入れられる力を持っているんですよね。

 

たったの1時間半、カウンセリングを
受けただけで、今の生活の現状は何も
変わっていないのに、私自身の心と頭の中は
別人のようになりました。

 

やっぱり、カウンセリングの力ってすごいなー
と実感した一日でした。

 

ちなみに、工藤倫子さんのブログで、私の
カウンセリングが記事になっています。

ちょっとお恥ずかしいですが、もし興味が
ある方は、こちらも読んでみて下さい。

→ 工藤倫子さんの記事はこちらです

厳しいことを言われていますが、
まさにその通りなんです・・・。

 

この日、大きなサプライズもありました。
5月から3か月間続く、キャリアコンサルタント
養成講座の実技講習(週1回新宿に通う予定)
の担当講師が何と、何と、倫子さんかも
しれないのです!

確定ではありませんが、水曜昼間の新宿クラス
が複数なければ、恐らく、そうかと。

あまりの偶然に、まさに目をまん丸にして
驚いてしまいましたが、本当にそうなったら
最高です。

5月の実技講習に向けて、今は自宅学習を
頑張らなきゃ!

 

桜の花が満開になる一歩手前で少し花冷え
の週末になりそうですが、皆様、どうぞ

良い週末を!

=====================

 

今、読み返してみても、カウンセリングって
こうあるべきだよ!というような理想の
カウンセリングをしていただけたなーと
思います。

そして、まだ養成講座の実技演習のクラスを
受ける前だったにも関わらず、私自身も、
キャリアコンサルティングにおいて、重要な
ことが感覚的にわかっていたんだなーと
思います。

ちなみに、5月からの養成講座の担当講師は
念願の工藤倫子先生クラスでした!

みっちり3か月間、厳しく大きな愛を持って
指導していただけました。

私の、キャリコンとしての大きな学び、宝物
です。

養成講座の実技演習の様子はまた、別途、
記事にしていきたいと思ってます。

 

私の人生初のキャリアカウンセリング体験談
が、キャリアコンサルタントを目指す皆様の
何か一つでもヒントになると嬉しいです。

 

本試験まであと2か月半ですね。
ここから一気に実力アップできる時期です。

 

皆さんの頑張りを応援しています。